夜景遺産HOMEへ
HOME > ニュース記事
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
    日本夜景遺産「周南冬のツリーまつり2013〜祝福の光」が新演出も加え、好評開催中です。 (2013.12.11)
   

 2011年「希望の光」、2012年「願いの光」というテーマで展開し、リニューアルを続ける「周南冬のツリーまつり」。街の人々の夢や希望が未来へ開花する世界観を創出しています。リニューアル3年目として第29回を迎える本年のテーマは『祝福の光』。夜景評論家/夜景プロデューサー・丸々もとお氏監修のもと、12月6日より3Dプロジェクションマッピングや商店街アーケードを活用した光と音のショーが新登場しました!

 2大会場である「御幸通り会場」と「青空公園会場」に加え、2会場の導線的位置づけとなる「銀南街」及び「PH通り会場」に大幅な演出を展開。駅前一帯が回遊式のイルミネーション空間となることを目指しています。

■第一弾演出の見どころポイント!
周南市に伝わるあらゆる「伝統」を「電灯(電気による灯)」として灯すことで、
過去から未来へ受け継がれるべき“希望や願いの象徴”としてイルミネーションを「点灯」しています。
御幸通りを5つのブロックに分け各演出を展開中。
Aゾーン:農産物の電灯=須金ぶとう、なしのモチーフ型照明
Bゾーン:工業品の電灯=蝋(ろう)のモチーフ型照明
Cゾーン:過去から未来へ継承する伝統。ツリーまつりの伝統を点灯。
Dゾーン:生命の電灯=ツヨシ君、ナベヅル、動物たちのモチーフ型照明
Eゾーン:水産物の電灯=ふぐのモチーフ型照明

■第二弾演出の見どころポイント!
中国地方初の天空のイルミネーション
「天空のライティングフラワーショー」in 青空公園
「夜空に咲く希望という花々〜夢の開花を目指して」をテーマに、音と光が連動した画期的なショー。
光と音によるショーは、BGM(7分〜10分)を挟んで1時間に5回行われます。各回とも異なる5曲の音楽が流れ、
そのひとつは今回のために創作されたオリジナル音源。周南市ゆかりの名曲「ぞうさん」の
新アレンジ(ちょっと大人風)が流れます。また、曲中では「甘い香りのシャボン玉」が吹き上がる演出も登場。
中国地方唯一の演出です。ぜひお楽しみください。

■第三弾演出の見どころポイント!

1、祝福の花火が打ち上がる!「WINTER LIGHTING SHOW」 in 銀南街
商店街の人や街の温かさや魅力を伝えるとともに、メイン会場への期待感を高める演出を展開。
光の立体的な投光演出を通して、人々の希望や夢が溢れ、街全体が祝福される様子を表現。

2、瀟洒な大空間が祝福!「Celebrate Mapping SHOW-II」 in銀南街
銀南街の壁面に対して、最新3Dマッピング技術を駆使して投影。
スケールと感動を伴う、未来へ羽ばたく周南をテーマに、全国で話題の映像演出を行います。

3、◇瀟洒で華やかな祝福の道「サルビア・ロード」
「青空公園」で楽しんだ後のコミュニケーションスペースとして、人々の笑顔が溢れる魅力的な通りを演出。
市の花である「サルビア」を通して、周南市誕生10周年の祝福を表現。

期間:2013年10月25日(金)〜2014年1月10日(金)
点灯時間:17:30〜22:00
場所:御幸通り、徳山駅前ロータリー、青空公園、中心商店街一帯
主催:徳山商工会議所(主管)、周南市、新南陽商工会議所

過去の記事リストへ→
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定