夜景遺産HOMEへ
HOME > ニュース記事
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
    「夜景サミット2014 in 北九州」
開催レポート
(2014.11.04)
   

 2014年9月5日(木)、2009年、2010年(東京)、2011年(大阪)、2012年(長崎)、2013年(周南)と過去5回に渡って実施し、全国の観光事業者に好評を博した「夜景サミット」。本年は舞台を福岡県北九州市に移し、北九州芸術劇場・中劇場にて、「夜景サミット2014 in北九州」が開催されました。

全国から集まった、夜景観光のキーパーソン
 全国40自治体、民間企業120社、夜景鑑賞士、一般参加と来賓を含めた約600名以上を前に、北橋健治北九州市長のサミット開会宣言でスタート。続いて、主催者代表理事・丸々もとお氏、共催者代表のぴあ(株)執行役員・薮内知利氏、北九州市産業経済局長・西田幸生氏によるサミットへの意気込みが語られた。また、特別ゲストとして台湾観光協会より、東京事務所所長・江明清氏が登壇し、「台湾観光事情」について熱く語り、多くの事業者の注目を集めた。
 そして、本サミット定番企画「夜景観光のケーススタディ」の発表へ。今回は3ヶ所の自治体・民間企業が登壇。まずはじめに、長崎市文化観光部長・池田尚己氏が「世界新三大夜景」認定による集客効果と、今後の躍進的な取り組みについて熱く語った。続いて、「むつ市の夜景調査研究会」委員長・田中常活氏が「アゲハチョウの夜景」と呼ばれる釜臥山を中心とした取り組みをPR。さらに、2014年度の日本夜景遺産・新規認定授与式では、全15カ所を発表。「織姫公園・足利織姫神社」、「別府湾サービスエリア」、「川崎マリエン展望室」、「岳南電車」、「あしかがフラワーパーク」「上田城跡公園」「氷柱白糸イルミネーション」「京都・花灯路」「戸畑祇園大山笠」というサミット過去最多参加の計9団体10名の方々へ認定証が授与された。

大注目の企画や発表で、会場は歓声に包まれる
 本年のサミットは注目の企画が目白押し。まず、「日本三大夜城」の認定授与式が行われた。「大阪城」「高田城」「高知城」の発表とともに会場には拍手が沸き起こり、三者が並び新しい夜景ブランドのPRへ意気込みを語った。続いて、旧若松市制100周年を記念して公募された、「高塔山キャッチコピー」の発表・認定授与式が行われた。30代男性が考えた「河童の愛した宝石箱」という最優秀賞が選ばれると共に、表彰状が若松区長・萩野清隆氏より手渡された。
 続いて、サミットを皮切りにはじまる「シュガーロード×夜景キャンペーン〜スイーツな夜景女子旅」発足式がスタート。12月31日までの期間中、長崎街道で結ばれる、北九州市から長崎市までの9市とハウステンボスが観光協力し、滞在型観光集客の促進を目指す長期キャンペーンを発表した。夜景スポットやイルミネーション、期間限定の特別ライトアップなど、夜間に楽しめるコンテンツを各市が提案。また、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)の特別協力により、媒体や駅張りポスター、チラシ等を通して一般参加者へも大々的にPRした。次に11月7日が「日本全国夜景の日」として発表され、ライトアップの元祖として名古屋テレビ塔・若山常務により同施設の魅力と展望が語られた。
 サミット第一部の最後には神戸市が登壇。神戸市長のビデオレターと共に、「来年のサミットは神戸で開催!」と強い意気込みを伝えた。

国内初の開催「第一回イルミネーションサミット」
 後半の第二部では、サミットもうひとつの目玉として、「第一回イルミネーションサミット」が開催。コニカミノルタによる最新イルミネーション商品はは見る物を釘付けに。その他、ハウステンボス、あしかがフラワーパーク、東京ドイツ村、江の島 湘南の宝石、ぐんまフラワーパーク、アパリゾート上越妙高、グラバー園等、日本を代表する屈指のイルミネーション施設が、今年度のイルミネーションをご紹介。ラストには、「新潟三大サマーイルミネーション」認定授与式も行われ、一般参加を含めた会場が一体となって盛り上がりをみせた。

さらなる演出で、サミット来場者も感動
 第三部では、夜景ナビゲーターによる「北九州夜景バスツアー」を実施。本サミットには各所に御協力をいただき、「高塔山」においては若松区長が自ら北九州の夜景を参加者へご案内いただき、お土産を配布。スペースワールドでは、開催前でありながらも、同施設の御協力により、今年度の新作イルミネーションをどこよりも先に堪能できた。海と対岸の夜景を望む、海峡ドラマシップ内レストランでは交流会を開催。大パノラマに広がる夜景を楽しみつつ、今後の夜景観光についてアクティブな交流が続いた。

★『シュガーロード×夜景〜スイーツな女子旅』キャンペーンは
こちら

過去の記事リストへ→
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定