夜景遺産HOMEへ
HOME > ニュース記事
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
    いくとぴあ食花ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy〜森の癒し、森の魔法』開催! (2014.12.27)
   

 新潟県新潟市のフラワーパーク「いくとぴあ食花」において、ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy〜森の癒し、森の魔法』を開催。「森の駅」を舞台に、星のように煌めく光に身を纏った森で体感できる「癒し」と「魔法」をテーマに展開。展示館では「光と音のショー」も。プロデュースは(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事の丸々もとお。


☆展示館イルミネーションのストーリー
宗教改革で知られるドイツのマルティン・ルターが、クリスマス・イヴのミサの帰り、森の常緑樹の中に美しく輝く夜空の星を見て感動し、それを子供たちに伝えるためにモミの木にロウソクを飾ってその景色を再現しようとしたのが、イルミネーションの始まりと言われています。森と星の創造物こそ、イルミネーションの起源なのです。

本企画は、「森の駅」を舞台に、星のように煌めく光に身を纏った森で体感できる「癒し」と「魔法」がテーマ。展示館では「光と音のショー」を開催し、イルミネーションの起源を彷彿とさせる幻想的な世界感を創造します。

『Forest Fantasy〜森の癒し、森の魔法』のみどころポイント
(1)アーチ部分
森の中において、人々を森の奥へと導くあたたかな灯り
(2)植栽トラス
夜の森で出合うさまざまな木々や動物と夜空の競演
(3)柱部
夜の森を支える四本の大樹は成長し続け、生命力溢れるもの
(4)舞台
森の駅における舞台。魔法がかけられた森の姿を眺めるベストスポット
(5)モミの木
森の駅の舞台から正面に望め、「イルミネーションの起源」を彷彿とさせるシンボル
(1)〜(6)の装飾が光りと音楽と一体化したショーとなり、幻想的な森の駅の空間を創出します。

【企画概要】
イベント名:いくとぴあ食花ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy〜森の癒し、森の魔法』
実施期間:2014年11月29日(土)〜12月25日(木)
※ 休館日12月16日(火)を除く
開催時間:16:00〜20:30(20:00最終受付)
料金:大高校生以上 500円/小中学生 100円/未就学児 無料
会場:いくとぴあ食花(新潟市中央区清五郎336)
アクセス:電車の場合はJR上越新幹線ほか「新潟駅」より市民病院・曽野木ニュータウン行きバスで約20分「天寿園前」下車徒歩約10分(土日祝はいくとぴあ食花前下車徒歩約2分)、車の場合は日本海東北道「新潟亀田IC」より約3km、「新潟中央IC」より約2km

「いくとぴあ食花」についての詳細はこちら

過去の記事リストへ→
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定