夜景遺産HOMEへ
HOME > ニュース記事
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
    夜景評論家・四国初のプロデュース『夢来人イルミネーション』開催! (2014.12.27)
   

 「四国のへそ」「四国で空が最も近い町」として知られる徳島県三好市。その三好市のJR阿波池田駅前の「へそっ子公園」を舞台に、ウィンターイルミネーション『夢来人イルミネーション』を開催。プロデュースは全国各地で夜景やイルミネーションを手掛ける、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事/夜景評論家・丸々もとお。同氏にとって、四国初のイルミネーションプロデュースとなります。四方が山々に囲まれた自然豊かな環境を活かした斬新なイルミネーションに注目です。


<みどころ1>
空を活用した四国初のイルミネーション
イベント舞台から観覧席までの上空をイルミネーションで張り巡らし、雲や月のオブジェと共に『空』を表現。単に樹木やオブジェを置き光と対峙するのではなく、光で包まれる劇場型のイルミネーションを目指しています。

<みどころ2>
光と音楽で魅了するイルミネーションショー
10分に一度、音楽と共に光の物語が始まります。「夜空が広がり、雲に包まれ、月が表情を変え、「ウサギが現れる」という、牧歌的な風景が周囲に広がる、心あたたまる光と音のショーです。

<みどころ3>
「子どもゴコロ」が光を灯す斬新な参加型演出
いくら大人が「子どもゴコロ」で製作したイルミネーション装飾といっても、なかなか難しいもの。だからこそ、大人と子供の分かりやすい違いを活かした演出が必要です。
そこで、本イベントに向けて製作したのが『叫びBOX』。なんと、大きな声で願いを叫ぶと光が灯る仕掛けです。大人もたまには恥じらいを捨て、本当に子どもになった気分で願い事を声に出してみてはいかがでしょうか。

【企画概要】
イベント名:阿波池田ウィンターイルミネーション『夢来人イルミネーション』
実施期間:2014年12月6日(土)〜2015年1月10日(土)
開催時間:17:00〜22:00
料金:無料
会場:へそっ子公園(徳島県三好市池田町マチ2191-1)
アクセス:【電車】JR阿波池田駅よりすぐ 【車】徳島自動車道「井川池田IC」より7分

「夢来人イルミネーション」についてはこちら

過去の記事リストへ→
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定