夜景遺産HOMEへ
HOME > ニュース記事
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
    夜景に新たな世界が誕生。有機EL照明を活用した、ハウステンボス『光のチューリップガーデン』 (2015.02.11)
   

 (一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事・丸々もとお)は、ハウステンボス(長崎県佐世保市)において、『光のチューリップガーデン』をプロデュース。有機EL照明を用いた世界初の「光るチューリップ」約5000本を使用し、チューリップ誕生秘話を“光と音のショー”として展開。チューリップの光が持つ美しさだけでなく、チューリップが抱く愛情の深さを来場者に感じていただきます。

イベント開催期間は2015年2月14日〜4月13日。

 同イベントは、ハウステンボスの初春を彩る国内最多700品種の「チューリップ祭」における3大スポットのひとつ「フラワーロード」で実施します。

「永遠の愛情」「愛の告白」「思いやり」「まじめな愛」「博愛」「美しい瞳」などの花言葉を持つチューリップですが、その起源として、オランダには心温まる有名な話があります。

本企画では、これら真実のチューリップ誕生秘話をベースに、有機EL照明を用いた世界初の「光るチューリップ」約5000本を使用し、“光と音のショー”として展開。チューリップの光が持つ美しさだけでなく、チューリップが抱く愛情の深さを感じていただきます。

次世代の灯りによって創りだされる世界初の“光の絵本”の世界。同時開催中の「光の王国」をパワーアップさせる2015年大注目の演出です!

※ 有機ELとは
髪の毛のわずか1000分の1(有機発光層)の薄さで、「軽量」「低発熱」が特徴のLEDに続く次世代照明。光のチューリップガーデンで使用する「有機EL」チューリップは、世界初のプラスチック(フレキシブル)有機EL照明の量産化を実現したコニカミノルタ株式会社にて開発した商品

【企画概要】
イベント名:ハウステンボス「光のチューリップガーデン」
実施期間:2015年2月14日(土)〜4月13日(月)
※毎日開催、点灯時間は日によって異なります
料金:1DAYパスポート大人(18歳以上)6100円
アクセス:JRハウステンボス駅より徒歩5分
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

「光のチューリップガーデン」については
こちら

過去の記事リストへ→
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定