夜景遺産HOMEへ
HOME > ニュース記事
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
    『日本新三大夜景』
(正式名:日本新三大夜景都市)
公式WEBサイトを開設!
(2016.03.30)
   

 この度、夜景観光の推進を目指し活動する、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都中央区)では、昨年10月、「夜景サミット2015 in神戸」で発表した『日本新三大夜景』(正式名:日本新三大夜景都市)に係る公式WEBサイトを開設。2016年3月30日より提供を開始しました。

 本サイトは『日本新三大夜景』のPRを目的にした公式サイトとして、認定された三都市(長崎市・札幌市・神戸市)の認定理由と魅力を紹介。様々な夜景写真と共に、各市の観光情報サイトへ誘導を図ります。また、当社主体による検定事業「夜景検定」「イルミネーション検定」や、国内夜景ブランド「日本夜景遺産」、(株)KADOKAWAとの共同開発による夜景情報サイト「夜景時間 Yakei hours」等の各種サイトとも連携し、『日本新三大夜景』ブランドの認知向上を目指しています。


■『日本新三大夜景』とは
2015年10月9日、夜景観光における国内唯一の事業団体である(一社)夜景観光コンベンション・ビューローが、国内外の夜景観光活性化を目指し、全国約4500人の夜景鑑賞士に投票を実施。投票された各夜景スポットを都市別に分類し、集計結果からの上位三都市(長崎市・札幌市・神戸市)を『日本新三大夜景』と認定しました。なお、近年の夜間観光環境の急速な変化を鑑み、同認定ブランドは今後も更新を行う予定です。

【認定団体について】
団体名称:一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
目的及び事業:夜景を観光資源として活用する観光「夜景観光」に関する普及、啓発活動を行い、地域の活性化及び観光産業全般の発展に貢献することを目的とし、その目的に資するため以下の事業を行う。
1)夜景観光に関する情報収集及び普及、啓発活動
2)日本夜景遺産の認定
3)夜景鑑賞士の検定事業
4)夜景サミットの企画、開催、運営
5)夜景に関する各種イベント、セミナー、講演会等の企画、制作、開催、運営
6)夜景観光コンサルティング事業
7)夜景観光プロデュース事業
8)夜景ナビゲーター、夜景ガイドの教育、育成事業
9)夜景に関する書籍、出版物、コンテンツ企画、制作、執筆、編集、デザイン、写真撮影、発行、販売
10)夜景に関する各種商品の企画、開発、販売及びそのプロモーション事業
11)当法人の目的を達成する為に必要な事業及び前各号に附帯又は関連する一切の事業

先日、札幌市では夜景写真コンテストを実施。そのほか『日本新三大夜景』の三都市は認定以降も各方面において、広く市民や観光客への周知に向けた活動に取り組んでいます。本サイトも、このような取り組みやイベント情報、さらには深掘りした各夜景スポットの魅力など、随時サイトの拡張を予定しています。ぜひご覧ください。

『日本新三大夜景』公式WEBサイトはこちら

札幌市「夜景写真コンテスト」はこちらら

過去の記事リストへ→
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定