夜景遺産HOMEへ
HOME > 北信越 > 輪島・白米千枚田「あぜの万燈&あぜのきらめき」
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
石川県能登半島輪島の国指定名勝地「白米千枚田」は、能登の里山里海を象徴し、国道249号線沿いの小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続く景勝地。田の枚数は国指定部分で1004枚。白米千枚田愛耕会による耕作・保存活動の一環としてオーナー制度を開始し、年間2万円で田を1枚持つ事ができる。
「あぜの万燈」は2008年からスタートし、毎年稲刈りを済ませた田んぼのあぜに3万個のキャンドルを並べるイベント。やわらかな炎のゆらめきが作り出すあぜの幾何学模様とともに、幻想的な夜の千枚田を浮かび上がらせる。一方、「あぜのきらめき」は2万個以上のキャンドルをLEDに変えて、あぜの万燈を再現するイベントである。時間が経つとピンク色と黄色に変化するイルミネーションは、「あぜの万燈」とは異なったロマンチックな光景を映し出す。なお、2014年度からは「あぜのきらめき」のみの開催予定である。

料金:無料
点灯時期:10月中旬〜3月中旬
点灯期間:17時頃〜21時頃(日没から4時間)
駐車場:あり
住所:石川県輪島市白米町
お問い合わせ:千枚田景勝保存実行委員会事務局(輪島市観光課)0768-23-1146
  輪島・白米千枚田「あぜの万燈&あぜのきらめき」(わじま・しろよねせんまいだ「あぜのあかり&あぜのきらめき」)。
  石川県輪島市。
【車】のと里山海道能登空港ICより国道249号線経由で約45分 【電車】JR北陸本線金沢駅から奥能登特急バスで約100分、輪島駅前で路線バス(臨時増便バスあり)乗換20分、白米(千枚田)下車すぐ
2014/07/17更新
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定