夜景遺産HOMEへ
HOME > 関西 > 高台寺 夜間特別拝観
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
高台寺は豊臣秀吉の没後、菩提を弔うために夫人である北政所ねねが1606年(慶長11年)に開創した寺。正式名称は「高台寿聖禅寺」である。1624年(寛永元年)に建仁寺の三江和尚を開山としてむかえたのち、現在の「高台寺」と号することになった。
高台寺では、春〜秋にかけて期間限定による夜間特別拝観が行われている。3月中旬〜5月初旬にかけては、枯山水の庭園である波心庭の枝垂桜がライトアップ。さらに鮮やかな色の照明が白砂を彩るのが特徴。万華鏡をのぞいたような映像も庭中央に設置したスクリーンに映し出され、幻想的な姿を見せる。また、10月下旬〜12月初旬にかけて臥龍池と臥龍廊でもライトアップが行われる。秋の訪れを感じる紅葉が、水鏡に朱色や臥龍廊が映り込む姿が印象的。まさに幽玄の世界を感じさせる光景である。

特別拝観時間:日没後〜21:30
料金:大人600円、中高生250円
駐車場:あり
住所:京都府東山区高台寺下河原町526番地
お問い合わせ:高台寺 075-561-9966
  高台寺 夜間特別拝観(こうだいじ やかんとくべつはいかん)。
  京都府京都市。
JR京都駅・近鉄京都駅から市バス206(東山廻り)→東山安井停下車徒歩5分
2014/07/17更新
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定