夜景遺産HOMEへ
HOME > 中国 > 海田大橋
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
海田大橋は広島湾内の北東部にかかる道路橋およびその橋を中心とした自動車専用道路。愛称は「広島ベイブリッジ」。1990年12月、広島港東部の港湾貨物の円滑な流通と都市交通の緩和を図ることを目的として建設された。
広島湾海田地区は5,000tクラスの大型運搬船が航行するため、比較的大きな航路限界を設定している。現在は広島港湾振興事務所が保有し、第三セクターである株式会社ひろしま港湾管理センターが管理。橋の長さは1856m、道路幅14m、海面からの最高地点は30m。さらに主径間の最大支間長250mは完成当時で日本最長の桁橋であった。現在は宇品大橋について国内2位の大きさを誇る(なみはや大橋・江島大橋と同位)。橋梁部全体の半分以上が半径500mの橋桁でアーチ状に変化しており、1990年には土木学会田中賞作品部門を受賞した。夜間は宮島の大鳥居をモチーフに周囲の景観に溶け込み、落ち着いた雰囲気で夜の広島湾に彩りを添えるようライトアップを実施。

点灯時間:日没以降
通行料金:普通車100円
住所:広島県広島市南区仁保沖町、広島県安芸郡坂町
お問い合わせ:株式会社ひろしま港湾管理センター
082-250-7160
  海田大橋(かいたおおはし)。
  広島県広島市。
臨港道路海田大橋入口より
2015/08/01更新
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定