夜景遺産HOMEへ
HOME > 夜景を守るために
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
夜景を守るために
  足下を照らし出す意識が重要
 

日本にはあまたの夜景地(夜景鑑賞地)が存在し、それらの情報は、あらゆるメディアかで見られるようになりました。現在では、書店で売られる情報誌だけでなく、インターネットを通しても多々の情報が紹介されています。夜景情報サイトは無数に存在しており、その数も膨大です。10数年前は、たった1冊のみの夜景ガイドが存在するといった状況だった訳ですから、驚くほどの進展です。

情報量にこだわったサイト、夜景に対して特別な思い入れがあるサイト、夜景の写真に徹底的にこだわったサイトなど内容もさまざまですが、どのサイトも趣味の延長線上として個別に運営されているため、共通の明確な基準は存在していません。といって、美しさの共通認識を計ろうとするのではありません。必要なのは、安全性の基準です。それをクリアした、夜景地情報であることが、何よりも求められているわけなのです。ネットは影響力が強い分、この共通認識を設けたいものです。

夜景に対して興味を抱くことはとても良い面もありますが、その反面で夜景鑑賞する方々の鑑賞マナーの問題もあります。立ち入り禁止区域に入って鑑賞する人、大声で騒ぎながら楽しもうとする人、ゴミを残して帰る人、煙草を火のついたまま投げ捨てる人…。実に嘆かわしいことですが、これらの行為の数々により、実際、多くの良質の夜景地が失われつつあることも事実なのです。「多くの人の亡くなった土地をいつまでも忘れず、その歴史、痛みを人々の記憶に残そうと、慰安のためにライトアップを開始しました。思惑通り大勢の人々がこの地にやってきます。しかし鑑賞マナーを守らない人々によって、近隣の住民のみなさんから、お叱りを受ける場合もあるんです」。「展望台の風紀のためにゴミ箱をあえて設置していないのですが、ゴミを持ち帰らず汚くなるばかりです。いよいよ、週末は展望台への道路を閉鎖することを決断しました」。

このままでは、日本中から夜景を楽しめる場所が失われてゆくのでは、と大きな危機感を感じています。

  夜景産地に求められること
 

灯りは、美しいものです。そして寄り集まった光群がさらに大きな癒しを生み、人々を魅了し続けるのです。夜景を文化として、観光資源として愛でるには、その地域の人だけでなく、訪れる人の両方の努力があって成立するという意識を持つということが、とても大切です。今回、「日本夜景遺産」を選定することで、全国の夜景情報へ一定の基準を与えつつ、それにより鑑賞マナーの改善も含めて、地域の人々、訪れて楽しむ人、情報を紹介する人の三者の意識がより高められることを願ってやみません。

夜景の美しさとは、実に主観的なものです。ですから、その景観的特徴だけでは“眺めるべきもの”として成立もしません。そこで、「日本夜景遺産の選定基準」に準ずることは言うまでもありませんが、夜景遺産とするにとりわけ重要となるポイントは、選定基準の5〜8となります。さらに今後、国内外から多くの観光客を呼べる観光資源「日本夜景遺産」とするためには、照明、駐車場、トイレ、アクセス、ファザード等の整備状況の改善が求められることになるでしょう。

『夜景マナー改善運動実施中!!』 当サイトと夜景評論家丸々もとおは、夜景マナー改善運動を実施中です。無断駐車、ゴミ捨て、騒音などは近隣の方々の迷惑です。ルールを守って正しく鑑賞しましょう。

夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定